様々な投資の一つ

貯蓄から投資という日本経済の流れは必然的に主流になりつつあります。
もちろん、まだまだ投資に専念できるほどの収入や余裕がない比率が高いのも実態です。しかしながら、数ある投資対象、例えば株式投資、金投資、投資信託など本当に選択肢は多く存在しています。
そこにひとつ加えておきたいのが投資競馬です。競馬と聞けば、日本中央競馬会や自治体が主催者である公営ギャンブルであると認識されています。昨今では若い層に対して訴求するために様々な思索を打っておりイメージは少しずつかわりつつあります。
さらには競馬は過去のデータベースの蓄積が非常に手厚くおこなわれており、いわゆるデータ競馬、スピード指数による競馬予想などもあらゆる場面でみられるようになっています。
さらにその進化と捉えることができるのが投資競馬の世界になります。
投資競馬になると実際に競馬ファンのようにサラブレッドへの思入れ、騎手への応援、過去の血統へのノスタルジーなどを全く考慮することなく、データベースをもとに馬券を過去のデータに基づいて自動的にそれもパソコンで自動的に購入していくことになります。
ここでポイントになるのは長期であれ、短期であれ継続して収支を見つめ続けることになります。また、投資と言われるくらいですから一定金額以上を投資することがポイントになります。
一切の感情を入れず、ある法則に基づいてソフトを活用して一定金額以上を購入し続けることでその結果は自ずと見えてきます。
そして、あらゆるソフトがある中で一つのソフトに拘らず、投資金額を分散させることでリスク回避を行うなど自分自身で工夫をする必要も出てきます。そして、一定期間をおいてみて傾向が見えてきたら、その投資配分を変えていくなど方針決めを通常の投資と同じように行うことになります。
では、投資競馬の回収率が高いか低いかということですが、実質大きなプラスにはなかなかならないかもしれませんが、他の公営ギャンブルを対象にした投資よりは間違いなくデータベースの蓄積がしっかりしていますので確率は高くなります。
前述の通り、一定金額以上を投資しておかなければ成果に結びつきません。元本保証のない投資だけに勇気も必要かと思いますが、長期的に見ると必ず成果が出ることなので粘り強くしっかり継続していくことが非常に重要になってきます。
競馬に興味があろうとなかろうと投資競馬を実践することは投資の新たな形としておすすめです。

未分類

Posted by admin