会社に副業がばれないネットビジネスの確定申告の方法

日本には収入に応じて税金の支払いというが義務付けられています。通常、企業に雇用されている場合には企業が確定申告を行なってくれますので、自分で税金の支払いにおいて行なうことは会社から配られる年末調整の用紙に記入することくらいですが、ネットビジネスで副業を行なっている場合には自分で確定申告を行なわなくてはなりません。 通常、給与所得以外に年間の合計の収入が20万円以上の場合には確定申告を行い、定められた税金の支払いを行なう必要性があります。20万円以上の収入がありながら申告を行なわなかった場合、脱税とみなされる為に注意が必要です。 ネットビジネスで副業を行なっている方の中には、会社に副業を行なっていることを秘密にしておきたいと思われている方も多いと思います。確定申告をすることによって、住民税も変わってきます。住民税は勤務先の給与から支払われることがほとんどで、副業で得た収入から発生した住民税の金額が勤務先に通達されてしまい、副業がばれてしまったといった方も多いのですが、もしも副業を秘密にしておきたい場合には、確定申告の際に住民税の徴収方法を普通徴収で納付することを申告するだけで、会社に副業で得た収入を申告する必要はなくなります。 給与から住民税を差し引かれることを(特別徴収)と呼び、副業の収入を確定申告する際にこの特別徴収を選択することによって、副業の収入から発生した住民税も加算されて徴収されてしまいますが、(普通徴収)にすることによって自分で支払うため、会社に副業がばれることはありません。 ネットビジネスは、別の会社でアルバイトとして雇ってもらうわけではなく、自宅などでネットを通じて副業を行なえますので、会社に副業をしていることがバレたくないといった方の強い味方でもあります。確定申告を行なうと副業がバレるため行なわないと考えている人もいますが、実は確定申告を行なわないことの方がバレる危険性が近年では高まっています。 それはマイナンバーによる問題です。会社などでも年末調整でマイナンバーを提示しなくてはいけなくなっています。マイナンバーによって以前よりも個人の収入をより把握することが安易になっていますので、副業で得た収入を申告しないことで脱税とみなされ、給与の差し押さえなどが行なわれる可能性も浮上しています。そうすると、副業を行っていたことがバレるだけではなく、会社に脱税のレッテルを貼られることになりますので、確実に確定申告を行なうことが大切です。

未分類

Posted by admin