夜間取引は、取引時間外でも株取引ができる便利なサービス

東証での株取引の時間帯は、平日の午前9:00~11:30、午後12:30~15:00と決まっています。
平日のこの時間帯では、サラリーマンは本業があり、リアルタイムで株取引を行うことは困難です。
時間外でも購入や売却の手続きはできますが、実際に取引が執行されるのは株式市場が開始された後です。
市場が開いていない時間帯で株取引を行いたい場合は、夜間取引のサービスを利用すると便利です。
これはPTSという私設のシステムを利用して行われる取引方法です。
夜間取引を利用すれば、国内市場が閉まった後でもリアルタイムの株取引ができるため、より柔軟性の高いトレードが可能です。
日本市場が取引を終えた後に、アメリカ市場が開きます。
アメリカ市場の状況は、日本国内にも大きな影響を与えるため、国内の株価動向を予測する上で重要です。
アメリカ株を取得している人はもちろんですが、国内株式を保有しているトレーダーにとっても、海外市場の動向は注目すべき部分です。
夜間取引を利用すれば、海外市場の動向にいち早く対応できるため、有利なトレードができる可能性があります。
日中にリアルトレードができる人であっても、取引時間が広がることにより、チャンスが増えることにつながります。
一般的な取引では、海外市場で大きな価格変動が起こった場合に、国内市場は開いていないため株式を売買しようとしてもすぐにはできません。
国内市場が開いてからの執行になります。
このような場合でも夜間取引を利用すればすぐに売買ができるため、利益を最大限にして、リスクを最小限に抑えることも可能です。
夜間取引が可能な国内業者は限られています。
夜間で株の売買をリアルタイムに行いたい人は、そのサービスを用意している業者に口座開設することが必要です。
また、資金移動がスムーズにできる証券会社を利用することも、速やかな取引につながります。
株取引を行う際に、証券会社の口座に資金が不足している場合は、銀行から入金する必要があります。
銀行と証券会社が一体となって連携しているサービスであれば、スムーズな売買が できます。
このケースでは、入金手続きをしなくても、株式の購入と共にリアルタイムな資金移動が可能になります。
今すぐ株式を購入したい場合など、煩わしい手続きを簡素化できる方が便利です。
特に短期トレードで株式の売買を繰り返すようなトレードスタイルの場合は、使いやすく柔軟に対応できる機能を有した証券会社を選ぶことが大切です。
特にネット証券では、ネット取引のメリットを利用したユニークなサービスを提供している場合が多いため、業者選びの際に比較するといいでしょう。

未分類

Posted by admin